2022年07月31日

またしてもブログの更新に間が空いてしまいました……どうもお久しぶりです。中の人です。(もはやこの挨拶が恒常化)

多分作品の更新量自体はかなりハイペースで量産しているはずなんですが(除くイラスト)、最近のSNS主体の創作活動は下手すると毎日毎時間更新しないと埋もれるので、さすがに筆が追い付かず、へばってます……

正直今体調もパッとしないで、「もうSNSの全垢消してリセットしたいなー!」と思う事もしばしばあったりなかったりラジバンダリ。

例年の今頃は夏コミでウキウキしている時期なんですが、コロナ禍以降はイベントごとに全く縁がなくなってしまいましたからね。
心がぴょんぴょんすることが欲しいんじゃ!(涙)

つきましてはあたたかい励ましのお便りとか常時募集しておりますので、以後もよろしくお願い致します。
(正直、SNSにずっといると、絵描きに比べて文字書きは生産コストそれなりにキツイわりに反応薄くてしんどいですホント)



(18:02)

2022年05月08日

IMG_9959


……心の栄養を補給するために、映画を見たり旅行に出掛けたり。

最近しぼみ気味な創作意欲の回復を促せないものかと、時間やお金を使いまくっているので、今更ですが本当にTwitterを筆頭にSNSって使い方を間違えると怖いなぁ……と。改めて思う今日この頃。

Twitterは匿名掲示板と同じで、知りたい情報にだけピンポイントでアクセスする事を心がけつつ、自ら発言はせず、遠巻きに界隈の動向を見守るROM専に徹するのが一番ですね!

このGWは飛び石連休ではありましたが、それなりに充実して過ごせたので、以降の活動に活かせていけたらいいな、と思っています。
(画像は上野東照宮のぼたん園。レポは改めて別の記事に)



(18:48)

2022年04月30日

FullSizeRender


表題の通り、蜷川実花監督の新作映画「ホリック xxxHOLiC」を鑑賞して参りました。
蜷川監督作品をチェックするのは、2019年の「ダイナー」以来になります。(この作品で蜷川監督のファンになった)

漫画原作の実写化は原作ファンだと色々思うところがあるかと思いますが、自分は原作未見×蜷川監督の作る「絵」を見るのが目的でしたので、個人的には大変満足しました。
(コミック作品のメディアミックスは、基本的に同じ二次元のアニメですら後から原作を読むパターンの方が幸せな場合が多いので、難しいのは仕方がないかな……と)

「ダイナー」もとにかく綺麗な映画でしたが、今回のホリック xxxHOLiC」も始終その色彩美や造形美に圧倒されます。ちょっとした小道具に至るまで、どこまで拘って作ってるの !? っていう。
そしてその強烈な世界観に負けていない役者さん達の存在感(配役のセンス!)も素晴らしい。

この作品、柴咲コウさん演じる侑子さんとその店(ミセ)の美術を見るためだけでも劇場の大画面で観る価値有です。とにかく美術や衣装が凄い。ものすごい画面が華やか……というか、乱暴な言い方をすると作品のパラメーターの全てを「美」に全振りしている映画、です。本当に突き抜けてる。そしてだからこそ素晴らしい。

連休初日、劇場に足を運ぶまでは色々しんどかったのですが、非日常に浸れてスッキリしました。……やはり美は心の栄養になるなぁ。

お話自体は前作のダイナーの方がスッキリ分かり易いハッピーエンドなので、少し好き嫌いが分かれるというか、楽しむのに読解力を求められますが(※最近の作品は一から十まで作品内で説明しちゃうのが多いので、それを踏まえると分かりにくいかな……と。テーマ自体は難解な映画ではないので、よく見れば十分理解出来ます)、繰り返しになりますが、絵作りがとにかく丁寧で美しいので、私みたいな人間は蜷川監督が作り出す「色」を浴びるだけで幸せになってしまう…… 実写なのに見た後カラーイラストを描きたくなる不思議な作品(笑)。

パンフレットは在庫があったら是非ゲットしましょう。美しい写真がいっぱいで劇場での興奮を帰宅後も反芻できるので。
キャストや監督・スタッフのインタビューもいっぱいで、侑子さんの衣装デザインの原画なんかも乗っていてとても読み応えがあります。
(このパンフと入場者特典のCLAMP先生描き下ろしイラストボードがどうしても欲しくて、初日初回で観に行きました)

今年のGWは他にもたくさん面白そうな映画が公開しているので、また近いうちに何か見に行けたらいいな。




(20:10)

2022年04月19日

2022y04m19d_222312633

同人誌の委託で日頃お世話になっておりますメロンブックスさん。

(絵柄とか色々浮いているのはこの際気にしない)

こちらの掲載に合わせまして、タペストリーやコースター等、グッズの受注も開始されておりますので、是非一度覗いてやって下さいませ。

こんな壁サー御用達の大手サイトに自前キャラが掲載される機会はなかなかないので、いい思い出になりました。

……とりあえず自分用に何か注文しようかな。←





(23:21)

2022年04月16日

ぼちぼち始まり始めましたね。

その気になればリアルタイム視聴が可能という事もあり、今季のアニメは、まず絵の可愛さに惹かれてなんとなく「SPY×FAMILY」を見始めたのですが、なかなかに良い感じ。
(この作品もそうですが、諏訪部さんと小野さん、セットで出演する事が多いね !?)

……疑似家族モノに弱いんですよね、私。

あと気になるのは原作漫画を追いかけている「パリピ孔明」かな。
(こちらは配信でないと見れない環境なのでまだ未視聴)

最近は特定の動画配信サイトに登録しないと視聴出来ない作品も増えてきたので、好みの作品が自分の視聴環境にマッチすると嬉しいですね。

商品展開が妙に早いあたり(バックについているのが集英社だし)、この作品が今季の覇権になるのかなぁ……
フィギュアがもう出るとかビックリだよ。

関東勢からは大分遅れる形になりましたが、(中の人は静岡県在住)明日からこちらでも放送開始になる「平家物語」も楽しみです。
(もともと原典が好きなので)

↓現在、イベント開催中につき、同人誌がお得にお求め頂けます。↓




(23:45)
IMG_9652

 ……そんなわけで、引っ越し時に頑張って大分処分したのに、最近また部屋の中で幅を利かせ始めているオタクグッズ達。
 オシャレな部屋に住む目標はどうした。(無理でした) 

 写真は、発売当時、価格が高騰していて手が出なかった一番くじのシェリル様。 廉価でフリマサイトに出品されていたので、この度ウン年越しにお迎えしました。

IMG_9653

IMG_9654

 いやあ、お美しいですね。

 最近某FGOの一番くじで台座のない不良品を引いてしまいガッカリしていたので(交換在庫がない、という事でメーカー対応もしてもらえませんでした……)、もうバンプレ系のプライズは買うまい、と心に誓っていたのですが、一昔前は普通に良いものを作っていたんですね……塗装やパーツ精度がメーカー製フィギュアと比較しても遜色ないレベル。

 昨今は生産コストの上昇やコロナ禍の影響もあって、特にプライズフィギュアは微妙な出来なものや不具合が増えてきた印象なので、業界のピークは10年前~コロナ禍ギリギリ手前ぐらいまでだったのかも。
 現状のクオリティすら維持が難しくなってきたのか、プライズは以降仕入れ値が上がるというニュースもあったばかり。

 メーカー製のスケールフィギュアはクオリティこそ素晴らしいけど価格高騰&大型化する一方だし。
 一時は廉価なメーカー完成品の登場で、裾野が広がったかに見えたフィギュアや模型収集も、今や再び一部の趣味人や貴族向けの趣味に戻りつつありますね。

 昔お世話になったフィギュア系レビューサイトも大分減った印象でちょっと寂しい。
 (中には私が日参し始めた当時から、今もコンスタントに更新し続けているサイト様もいらっしゃいますが)
 Twitterでも綺麗な写真が流れてきますが、どちらかというと背景込みで見栄えよく加工された「作品」になっているものが多いので、やはり製品の細部までありのままを見れるレビューは、今ではよりありがたく、貴重なのですよ。

■■■


 さて。コロナ禍以降、うちのサークルも色々と活動が停滞気味ですが。
 最後に同人誌を出してからもう2年になるので、そろそろ小説の連載を筆頭に更新を再開したいですね。
 特に「還り着く場所」シリーズの本編。最後に更新したの何時だ?

 あとはTwitter中心に更新していた際に色々感じていた事とかもろもろ記事にしたい……!という個人的欲もあるので、しばらくはもっとがっつりブログを書けるよう頑張りたいと思います。

↓委託中です↓




(19:12)

2022年04月11日


gille-icon


どうも例によってこちらではお久しぶりの管理人です。


こちらのジルさんのイラストを使用した各種グッズが「メロンブックス通販」にて受注開始になりました。いろいろ調子にのってラインナップを拡充しましたので、良ければ見てね。

私も自分用にそのうちタペストリーとかアクリルスタンドを頼みたい……(将来のイベント参加時のスペース装飾用に)

Twitterばかり覗いているとしょんもりする事が多いので、今年はもう少しサイトも手入れして活動基盤を整えたいと思います。


(22:17)

2021年05月14日

久しぶりに金曜ロードショーで二週連続放送していたので見ました。

昔初めて見た時は、当時最先端のCG技術に豪華な舞台セット、そして極限状態における人間ドラマの迫力と奥深さに、どっちかというと歴史×パニック映画としての完成度に痺れていた中の人ですが、良い映画というのは、時を経て見直してみると、また違った味わいが出てくるから面白いし、素晴らしい。

当時は正直主人公二人に感情移入出来なかったので、肝心の恋愛ドラマの方に盛り上がれなかったんですが、今見直すと二人とその周囲の人間関係や時代背景を絡めたあれこれを想像する方がなかなか楽しいです。

つか、あれね。
意識したわけではないけど、多分「還り着く場所」の25話の某シーンて確実にタイタニックの影響受けてるよなぁ……
ベタな演出だけど、ああいう最後はみんな笑顔で!みたいな感じなのって好きです。最近は特に。

大人になると厨二時代よりバッドエンド耐性が弱くなって、ハッピーエンド(最悪メリバ)が好きになる、というのは本当かもしれない、としみじみ思う今日この頃。

こうしてブログに書き留めておくと、後々また今日の感想を興味深く読む日がくるかもしれませんね。
次にタイタニックを見るのはいつになるだろう。

■■■


さて。
最近はもっぱらこういう時事ネタはTwitterに呟いていたのですが、昨日も書いた通り、Twitterは記事がすぐに流れてしまうのと、周囲の空気感に影響を受けやすい環境なので、感じたままをダイレクトにアウトプットする、というのがちょっと難しい時があるのです。

情報や感情の洪水に自分のエネルギーがブレやすくなるというか。
そういった諸々を修正するのに、現在意識してお休み中です。プチデジタルデトックスですね。
実際、初めて3日程ですが、大分気分が安定している気がします。

Twitter、イベント時はリアルタイムで情報が確認出来るので、大変重宝するツールですが。
2021年現在のご時世では、当分コミケのような大規模イベントは開催が厳しいでしょうし、世の中が良い感じに落ち着くまで封印してもいいかもしれません。

小説やイラストは変わらず Pixiv やサイトに投稿するかと思うので、元々うちの創作物自体を目当てにチェックしている方は特に影響ないでしょうし。
元々好意的な感想を下さるのは、いわゆるTwitterのFF外にあたる方の方が圧倒的に多かったですからね、うちのサイト。

Twitterがなくてもついてきてくれる読者の存在を信じて……!
(全盛期の少年漫画風に)←いや、これじゃまるで打ち切り(ry

以上、近況報告でした。


追伸:
今回の放送の影響からか、歴代のタイタニック吹替まとめを作って下さった方がおり、その映像の中で、初めて機内放送版の草尾版ジャックの声が聴けましたー!
念願の草尾版……!
自分、「仮面の男」がめっちゃ好きなので、基本プリオ様の吹替は草尾さんの印象が強いんですよ。これは嬉しいサプライズ!

おかげでまた「仮面の男」も見たくなっちゃったYO!
(※もちろん吹替で)




(23:27)

2021年05月13日

結局、あーだこーだと悩み、右往左往した結果、一般の外部ブログに戻させて頂きました。
どうもお久しぶりです。管理人の環希です。

長らく愛用させて頂いたヤプログからの移転先はいくつか候補があったのですが、その中でも元の記事を一番まともに引っ越し出来たのと(それでもちらほら画像抜け等があるようですが)、比較的インターフェイスが使いやすかったライブドアブログの方で当面はお世話になる予定です。

Pixiv FANBOX はね……詳細なカテゴリ管理が出来ないのがブログとしてやはり致命的に使いにくくてですね……続かなかった……です。

あと、有料記事を書こうとすると、変に気張って逆に書けなくなるというか……(ヘタレ)

なによりTwitterもそうですが、後から記事を遡って確認したい時って結構あるので、それが思うように出来ない環境だと創作のアイデアメモ的な役目も大きいブログとしては辛いところがあるのですよ。

そんなわけで、以後はこちらでお付き合いよろしくお願い致します。

(追伸:ブログデザインは忍者ブログが一番ヤプログの雰囲気に近くて好みだったのですが、過去記事が膨大過ぎて、ファイルを移転出来なかったのです……くすん)



(21:54)

2019年10月09日

保守のため、記事投下。



早いところ、移転先を決めないとなぁ……一応サーバ借りているわけだし、さくらインターネットでブログ開設するのが無難かなぁ、などと悩んでいる今日この頃です。



PixivFANBOXのブログは微妙に使い勝手が良くないんですよね……あれ。



機能的に一番かゆいところに手が届くのはFC2なんですが、レンタルブログサービスはしばらく記事を書かないでいると広告が出てしまいますしね。



ともあれ、年内にはなんとかします。


(21:50)